スタッフブログ

Staff Blog

秋の大和路その他

【DATE】2019.11.18

【WRITE】せんちゃん

 今日は、久しぶりに奈良県桜井市の池利素麺茶屋「千寿亭」に行ってきました。桜井市は三輪そうめんで有名なところですが、ここのつるっとして優しいにゅうめんが私のお気に入りです。過去にフランスの三星レストラン、ポール・ボキューズも来店したことがあるらしく、店内に本人のサイン色紙があります。ここ数年は毎年1回は必ず行くことにしているところです。いつもの昼膳を注文しました。梅干し入りのにゅうめん、そして地鶏のすき焼きと奈良県名産の柿の葉寿司などがついています。一度に地元のものが堪能できるので、また注文してしまいました。にゅうめんに山椒を振っていただくのが私の好みです。
 夏に食べる冷たい素麺も美味しいですが、にゅうめんも大好きです。

 お腹を満たした後は、お天気も良かったので紅葉の時季ともあって多武峰(とうのみね)の「談山神社」まで足を延ばしました。大化の改新の発祥の地として藤原鎌足を御祭神としている神社で、十三重塔と紅葉で有名なところです。紅葉する木はもみじ、銀杏、桜で、境内一帯のもみじの紅葉が、壮麗な朱塗りの十三重塔に華を添えるえ多武峰の深い木立が全山で紅葉するさまは見ごたえがあります。夜にはライトアップも行われているようで、この日も遠方からの観光客もたくさん来られていました。
 この時期の大和路観光には、にゅうめんと談山神社をお勧めいたします。いかがでしょうか?

ブログ一覧へ戻る